EmblemHostel 西新井、Japan Qualityの都内最大級ホステル

画像

  明るく視認性の高い入口、レストラン

 2015年44室のホテルを180ベッドの
ホステルに大改修した事例である。

ホステルに宿泊したことがあるだろうか。
欧米ではユースホステルはじめ、ホステルは
一般的でバックパッカーであふれている。
将来を担った上質な若者が利用するという
イメージがあり、国際的なコミュニケーションが
出来る。 
 私も 25年前 2ヶ月ほど欧米を回ったが
宿は列車の中か、ホステルで有った。


今 急速に拡大するインバウンド宿泊需要
ホテルはもちろん廉価に安心に泊ま
れるホステルは求められている。

画像

ホステルとしては高いクオリティーのフロント、CAFE

画像



世界に向けた[JapanQuality]を
テーマに日本的なデザインを踏襲
しつつグローバルなデザインを意識した。
2階 ロントはバーカウンター、CAFE
レストランと一体空間となり賑わいを
楽しめる。

画像

3階 ラウンジは枯山水と
濡れ縁を思わせるデッキへと
つながり、広がりを感じさせる
空間となっている。

画像


画像


シャワー、洗面、トイレは共用。清潔感とデザイン性
をキープした。 

インテリアデザインは Kdプラスアーキの木戸さんと
共同で仕上げている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック