建築、デザインは面白い- KOSHO SASAKI

アクセスカウンタ

zoom RSS Newtown Athletic Club(戦略的リノベーションの事例)

<<   作成日時 : 2013/10/01 14:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ライフスタイル型総合フィットネスへの増改築事例の紹介です。
場所はフィラデルフィアの郊外、クラブは1980年に倉庫のような
施設からスタートしています。コンスタントな改修を行うことで、
経営的には順調でした。 しかし、施設的には最近のクラブには
見劣りする状況になってきています。 そこでオーナーのワシントン氏は
大きなリノベーションを決意します。 
画像

改装前のクラブ、倉庫のようで入口もわからないぐらい

画像

増築、改修後の、同じクラブとは思えないほどグレードアップしている


 その計画は6年にわたり、OLCも様々な提案をしています。手始めに
300坪のフィットネスセンターを増築、その後3年かけて1200坪の
ジム、スタジオの増築、そして4エーカーのリゾートタイプのプールを
この6月にオープンさています。
 また新たな運営としてはSPA(エステ)に力を入れています。 
ニューヨークのサロンのような空間にトップレベルの運営チームを
加えることでスパ単体での収益を年1.2億円と3倍にすることに成功
、今年は2億円を予想しているとのことで全収益の10%を稼ぎ出す
プロフィットセンターとなっています。

画像

増築されたジムエリア、とても開放的

画像

新設したリゾートのような屋外プール、ファミリーも取り込めるクラブに変わった

画像

ー新たなプログラム、会員層の確保

全体での費用は総額16億円、6年間かけての投資ですが、景気が
悪い中での強気の投資でした。これにより会費アップと家族会員の
大幅な増加に成功、
収益は約2倍の20億円が見込めるほど
のクラブに変わり、このDelawareValleyの地域では一番会費の高い
エクスペリエンス型のクラブへと変身したのです。

画像

カフェの新設、最近は必須アイテム

地域にライフタイムのようなクラブが出来る前に大きな改修や増築を行い
ヘッジをかける 。それだけでなく、圧倒的な施設にすること幅広い会員層
を、高単価で囲い込み 収益を上げていくという戦略。 特筆すべきは
この6年間、リーマンショックの影響もあってか地域の他のクラブは特に
改善を行ってこなかった、このクラブだけが唯一改革を行ってきた点です。 
画像

ー改修前、ハードコアなジムのイメージで女性には入りにくい雰囲気

画像

改修後のジム、天井を取り、開放感を確保、高級感も出ている

景気の悪い時にこそ投資を行うというワシントン氏の戦略、
他のクラブに圧倒的な差をつけることが出来たわけですが、この戦略こそ、
将来の市場をヘッジする有効な方法。 日本のフィットネス業界において
こそ参考にすべき事例です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Newtown Athletic Club(戦略的リノベーションの事例) 建築、デザインは面白い- KOSHO SASAKI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる