建築、デザインは面白い- KOSHO SASAKI

アクセスカウンタ

zoom RSS プールが浮いている??

<<   作成日時 : 2013/01/25 12:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 改修前の店舗、1階の床を一旦撤去し、プールを地面に浮かせて施工した。

画像

 プールと建物は一体に見えるが、構造としては分かれているのだ!
 プールは地面に浮いているのである!!
検討を進めると大きな問題に直面した。
建物がプールの荷重に耐えられないのである。プールはもちろん1階に
つくる。普通に考えれば、「1階だからプールを床の上に作ればいいじゃ
ないか。」となるが、現実はそう簡単ではない。

 この鉄骨2階建の基礎には深さ11mほどの杭が使われていたが、
この杭はプールをささえるほどの強度がないことがわかった。さらに地中に
ある梁も細く、床にはプールは載せられないのである、さあどうしよう、
やはり無理かな、とも考えたが、その時ヒラメキがやってきた!「プールと
建物とは分けよう、プールを直接地面に載せよう。」というもの。これは
コロンブスの卵である。 現実的には各柱の間の四角い床部分を一旦
切り取り地面を固める。 そこにRCのフラットな基礎を作りプールを
載せるのである。 見た目にはプールと建物は一体化しているように
見えるが(写真参照)実は分かれているのである。(もちろん、構造的
には将来プールが沈下しても大丈夫なよう設計をしている。)

 工事は難工が予想されたが、周到な準備と地元工務店、小林建設の
努力が実を結び、工期はわずか4ヶ月で完了した。
しかもコストは1.5億円、新築での計画の約7〜8割、その上面積は
1.4倍と、投資効率は新築よりも格段に高い!まさに一石二鳥の結果である。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プールが浮いている?? 建築、デザインは面白い- KOSHO SASAKI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる