プールの水道光熱費を年約100万円削減します(特許出願中)

スイミングプールの水、光熱費削減
(年100万円以上の節約可能)
これは お得です。


 約2年の開発期間を経て、最近効果が検証された特許出願中の
画期的なシステム。 私が代表を務めるOLCJAPANがシステム設計
をしています。(強いのはデザインだけではないのです。)
導入費用の回収は通常2.5年以内、特に既存クラブへのメリット大。

そのメリットとは、

1、ランニングコストの削減: 水と熱の使用量削減

2、CO2削減: 年間の削減目標以上であれば売買が可能です。

3、スペースの節約: 回収槽の容量は1/3 (10トン程度)

  機械室スペースを小さく出来ます。 新築ではたった10tに、改築
 では回収槽を  小さくすることで場所を作ることが出来ます。

 しくみは、プールのオーバーフロー水量のコントロール。プール水の
回収槽は、容量以上の水が入ってくると一時的には捨てられて
しまいます。 これをバルブで制御、コントロールし、水が捨てられない
ようにバランスを取るシステムです。 詳しいシステムは特許部分です
のでお伝え出来ませんが、
下記条件に適合する施設なら節約が期待できます。

プールの利用者数が1日150人以上
  利用人数が少ないと効果は薄い。

プールの回収槽(オーバーフロー槽)が30トンよりも小さい。
  25m5レーン想定で30トン以下ですが、8レーン以上のクラブ施設
  で40トン以下ならの削減効果は期待できます

アクアプログラムを取り入れている。  
  グループエクササイズは一度に水が溢れるので効果大。

 削減効果が心配? ご心配なく、
削減効果のほどを算定し、効果がありそうな場合に限り1ヶ月間ほど使用
してもらい効果を確認した段階で導入を決める、という方法をとっています。


最終的に導入しない場合は、一切の費用負担無しで復帰いたします。

まずはご連絡下さい。削減効果の検証を無料でさせていただきます。

連絡は 私まで ksasaki@olcjapan.com


他にも空調にインバーターを取り付けるだけで 空調コストが削減できたり
いろいろな省エネシステムの提案ができますので、御相談ください。

画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック